マンホール研究会
マンホール鉄蓋維持修繕
円形施工技術

 
 
 
 
 
 

マンホール
300万個
老朽化

河北新報  2018.1.8

全国に設置されている下水道用マンホール鉄蓋は1500万個とみられ、
そのうちの全体の2割にあたる約300万個が設置から30年を超え老朽化
が進みつつ交換が必要となっております。
 
 
G-GRIPでは、将来にあたり安全で品質の高い製品をこの工法で提供し、
協力して行きたいと考えております。

G-Grip
円形工法

概要

G-GRIPでは円形切断にバックホウ搭載のカッターを用いることで狭い場所や細かい移動が必要な時に機動性を発揮します。
 
また、復旧材料にはGコンクリートを使用することで高い耐久性を確保することからマンホール補修のサイクルコスト低減を実現いたします。

G-Grip
円形工法

特長

G-Gripは、円切り切断工・撤去工・調整工までの工程をシステム化し、無駄のない作業環境と
専用機及び材料の特性から作業効率を上げることで短時間施工を実現します。

G-GRIP 株式会社
円形切断

 

アスファルトを円直に最大40cm切断することができます。
適用範囲はカッター径Φ350mm-Φ1300mmで対応できる丸・四角鉄蓋に対応します。
※上記以外のカッター径もご相談に応じます。
G-GRIP 株式会社
カッター装置
バックホウ搭載

 

狭い場所や細かい移動が必要な時に機動性を発揮します。
カッター装置アタッチメントを取り外すことでクレーン作業が容易にできるようになります。
途中の車両入替がなくなリます。
G-GRIP 株式会社
高強度・高耐久

 

Gコンクリート(樹脂コンクリート)は、立ち上がり強度が高いことから交通開放を早期可能とします。
また耐久性に非常に優れた材料です。
※Gコンクリ ート曲げ強度16N/mm²
G-GRIP 株式会社
約3時間

 

従来工法とは大きく異なり、マンホール周囲を円形に切断することで復旧面積を最小限にし、工程をシステム化することで、1箇所あたリ3時間程度で交通開放が可能となります。
 

NEWS

ニュース

2017.12

G-GRIP工法をNETIS登録

マンホール鉄蓋円形交換工法

新技術情報提供システムNETISに登録
登録番号:TH-170011-A

 
G-GRIP 岩沼ヤード開設
G-GRIP 株式会社

 
 

2017.07

マンホール鉄蓋交換用資材の開発・機材の整備

Gコンクリート曲げ強度16.8N/㎜2
G-GRIP 株式会社
G-GRIP ベース車整備
G-GRIP 円形カッター
G-GRIP 株式会社

2017.06

G-GRIP 株式会社設立

仙台市太白区

 

G-GRIP 株式会社

 

 

ACCESS

アクセス

G-GRIP 株式会社

〒982-0251
宮城県仙台市太白区
茂庭字生出森東36-12
TEL / 022-765-8153

FAX / 022-765-8570

G-GRIP