キャッチコピー

マンホール修繕・鉄蓋交換の円形工法はG-GRIP

全国に設置されている下水道マンホール鉄蓋は1500万個とみられ、そのうちの全体2割にあたる約300万個が設置から30年以上経過し、老朽化が進み交換が必要とされております。

インフラ維持・修繕方法には、様々な問題や工夫が必要とされる中、G-GRIPでは、効率的で安全、そしてより品質が高く、将来的にライフサイクルを低減できる修繕方法目指し、独自の円形鉄蓋交換工法を2017年に開発し、同年12月にNETIS登録を受けました。
工法ができて間もないものの、各公共団体様及び道路管理者様にご理解を頂き、着実に実績を増やしております。
今後も、より必要とされる様に技術の向上に努めて参ります。

お問合せはメール・電話にてお待ちしております。

G-GRIPについて

G-GRIP工法とは

G-GRIP工法とは

短時間での施工、高い強度と耐久性、安い施工単価の工法となってます。

施工の流れ

施工の流れ

施工前から完成までの流れを当社の施工実績に沿って紹介します。

施工事例

施工事例

国道・県道・市道のマンホールや空気弁、仕切弁の施工事例になります。

G-GRIP株式会社
〒982-0251
宮城県仙台市太白区茂庭字生出森東36-12
TEL 022-765-8153
FAX 022-702-8570